乾燥肌のスキンケア

いろいろなブラシ

昔から様々な美容法やスキンケアが世界各地でされてきました。最近では日本でも海外製品が使えるようになり、化粧品選びに困ってしまうくらいの選択肢ができました。しかし人の肌は昔と変わっていません。地域や文化、食事などで肌の質も変化します。日本人なら日本人に合った化粧品を使うことが重要です。人間の肌は弱酸性ですが、やや酸性寄りなど人種によってやや差があります。日本人の肌はph5程度の弱酸性です。その肌に合う化粧品はまず化粧水を基準に考えます。phとは水分バランスを指します。そのため水分バランスが崩れてしまうと乾燥肌の原因にもなってしまいます。化粧水は乾燥肌を改善するためには重要な化粧品です。その選ぶ条件は3千円以上の化粧品であることです。

3千円以上の化粧品は高級化粧品に分類されます。安価な化粧品は弱酸性ではなくアルカリ性や中性でできていることが多いです。そのため化粧水が3千円以上であれば水分バランスの乱れは解決します。化粧水が決まればその種類で揃えます。そうでなければ化粧品の効果を十分に発揮させることができません。乾燥肌を改善したいなら美容液やクリームも必要です。なぜなら美容液は肌に栄養を与えてくれますし、クリームは化粧水などの蒸発を防いでくれます。あと乾燥肌を改善させるにはクレンジングや洗顔も重要です。メイクや毛穴の汚れをしっかり落とすことで化粧水の浸透もよくなり、肌に潤いが行き渡るようになります。もし使ってる化粧品のラインナップにクレンジングなどもあるならそれを使ってください。