乾燥を防ぐ

横になった女子

乾燥肌は肌老化の原因になります。若いうちに早めに手を打っておかないと、年を取ってから後悔することになります。乾燥肌を改善するには、普段から化粧水をたっぷりと使ったスキンケアを心がけることが大切です。顔を洗うときは擦りすぎないようにすることや、お湯の温度に気を付けることも大事です。熱いお湯を使って洗うと必要な油脂が落ちすぎてしまいます。これはお風呂ににも言えることで、熱いお湯よりもぬるめのお湯につかるほうが乾燥を防ぐことができます。 乾燥肌を防ぐのに有効なのがホットタオルを使ったスキンケアです。朝は洗顔をしないでホットタオルで顔全体を覆う程度にしてから化粧水や乳液で肌を整えるとコンディションが良くなります。

乾燥肌は洗顔のしすぎ、擦りすぎ、パッティングのしすぎなど、過剰なケアをしないようにするだけでも、だいぶ改善することができます。 また、普段のスキンケアで大事なのが水分補給です。肌に油脂が不足していると乾燥肌になりますが、だからといって洗顔後すぐにホホバオイルなどの美容オイル系のエッセンスをつけてしまうのはダメです。まず化粧水を使って肌に水分がたっぷりと含まれている状態にしてからオイルを塗ってケアするのが基本です。 油脂と水分のバランスが整っていることで、肌がちょうどいい量の皮脂を分泌して乾燥から守ってくれます。一週間に一度くらいは化粧水パックやシートマスクを使った集中パックケアをするとさらに効果的です。