エアコンで乾燥

女子の手

冬は外気な暖房による乾燥、夏は紫外線とエアコンによる乾燥と、一年中乾燥肌になりやすい環境がそろっています。 この乾燥に打ち勝つためには、しっかりと保湿をして肌に潤いを与えてあげる必要があります。 保湿成分がたっぷりと配合されている化粧水を使っていても、乾燥肌が良くならないとお悩みの方には、セラミド配合の化粧水がおすすめです。 肌のバリア機能が弱っていると、どんなに水分や保湿成分を与えてあげても、どんどん蒸発してしまいます。 乾燥肌の特徴として、このバリア機能が弱っていて化粧水の浸透が悪くなっているため、潤いをキープすることができません。 これを改善してくれるのがセラミドです。 バリア機能を構成する重要な成分で、潤いを逃がさずガードして、紫外線などの外からのダメージから守ってくれます。 不足しているセラミドを補って、しっかり乾燥対策をしていきましょう。

潤い成分がたっぷりと入った化粧水は、乾燥肌にとっては保湿力を高めてくれる強い味方です。 適量をしっかりと肌に送り込むことで、肌の水分量を高めて潤いを持続させることができます。 しかし、乾燥が気になるからとたくさん使えばいいというものではありません。 角質がキープできる水分には限界がありますから、たくさん使いすぎると逆に肌トラブルを起こしてしまいます。 水分が多いと角質がふやけてはがれやすくなり、潤いをキープする力がよわまってしまいます。 また、長時間化粧水を使う傍らで、どんどん体温で水分が蒸発していて、その時に肌が元々持っている水分も一緒に奪ってしまうので、さらに乾燥が進んでしまいます。 説明書をしっかりと読んで、適量を丁寧になじませるように付けるのが最適です。